基準がある


慰謝料万が一交通事故に遭って慰謝料をもらうときに、自賠責保険と任意保険の基準があります。それぞれの保険会社の基準を理解することで、自分自身が納得できる慰謝料をもらうことができます。

1つ目が自賠責保険基準です。自賠責保険は自動車やバイクを運転する人が加入する強制加入保険で、万が一交通事故が起こってしまった場合自賠責保険から慰謝料が支払われることになります。慰謝料の基準として金額が少ないので、この金額をカバーするために任意保険に加入しなければいけません。

2つ目が任意保険基準です。自賠責保険でカバーされない損害部分を補償するための保険で、当然慰謝料の部分も任意保険から支払われることになります。任意保険の基準は自賠責保険よりも高くて厳しいですし、それぞれの保険会社で基準が異なるので、基準を確認したくてもできない場合もあります。

基準を確認できないと自分自身が納得できない場合があるので、そのときに相談するのが弁護士です。慰謝料の基準で弁護士基準というものがあります。弁護士基準は別名で裁判所基準とも呼ばれています。裁判所の考え方や判例などを参考に慰謝料などの金額が公表されていて、この基準に照らし合わせて慰謝料などの金額を決定します。

もらうための手続き


交通事故交通事故に巻き込まれてしまったらすぐに保険会社に連絡をしなければいけません。保険会社に連絡をして慰謝料の支払いの手続きをする必要があります。慰謝料をもらうときは警察が保険会社に連絡をするわけでなく、自分自身で手続きをしなければいけません。万が一事故を起こしてしまったら保険会社に連絡をして、保険金請求書、診断書・申告書、交通事故証明書を提示しなければいけません。

交通事故が起こって加入している保険会社に連絡をしてから、保険金請求書、診断書・申告書、交通事故証明書を提出して書類に不備がなければ、1週間から10日で指定の銀行口座に慰謝料が振り込まれるようになります

保険会社から支払われる慰謝料などは書類を作成して提出すれば速やかに支払う体制が整っています。どのような事故になっても保険会社の基準に満たしていれば、慰謝料も自分が思っている以上に早くもらえることができます。

万が一慰謝料が支払われない場合は保険会社に相談することになりますが、この慰謝料の金額に対して納得できない場合は弁護士に相談することもできます。弁護士は法律の専門家ですから、法律の知識を駆使して納得できる保険料をもらうために手続きをしてくれます。また。何度でも無料相談を弁護士にできる“交通事故被害者救済サイト”のようなサイトもあります。このようなサイトを探して、相談を行ってみて下さい。

もらえるタイミング


慰謝料は大きくわけて自賠責保険と任意保険の2つの保険からもらうことができます。自賠責保険は自動車やバイクなどを運転する人が必ず加入しなければいけない保険で、「強制加入保険」とも言われています。基本的も交通事故で慰謝料をもらうとなった場合に、自賠責保険から慰謝料が支払われることになります。

自賠責保険自賠責保険の意味合いとして最低限の金額しか保証されていません。被害者は自賠責保険で支払われる慰謝料だけでは納得することができません。だからこそ多くの人が任意保険に加入して自賠責保険以外の慰謝料をカバーすることになります。

多くの人が自賠責保険意外に任意保険にも加入していますが、自賠責保険より後に任意保険の慰謝料がもらえるようになっています。事故で負ってしまった怪我が大きくなるとすぐに慰謝料をもらいたいと思う気持ちもありますが、まとまった金額がもらえるのは自賠責保険より後になります。

もし思ったように慰謝料の金額がもらえない場合は弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談すれば保険会社から支払われる慰謝料の金額を引き上げてもらうことができる可能性があります。そうすることで被害者が納得できる慰謝料を受け取ることができるようになります。

慰謝料のもらい方


交通事故に遭ったときに加害者から被害者に支払われるのが慰謝料です。慰謝料は様々な場面で支払われるもので、交通事故で負った怪我だけではなく、精神的苦痛を負ってしまったときにも慰謝料は支払われます。交通事故で納得のいく慰謝料が支払われるように、どのような交通事故でどのくらいの慰謝料をもらえるのかをしっかり理解しておく必要があります。

弁護士多くの場合保険会社から支払われる保険金で慰謝料を賄われますが、保険会社も事故の大きさ、会社の規定や過去の事例に沿って保険金を決めていきます。だからこそ被害者が納得できる保険金をもらえない可能性もあります。そのような場合に泣き寝入りすることなく、交通事故の問題などに詳しい弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に相談することで慰謝料を自分が思っている以上に、そして保険会社から提示された金額以上に高い金額を提示してもらえる可能性が高くなります。できるだけ多くの慰謝料をもらうためにも、自分自身で納得できない保険金の金額であれば、思い切って弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の問題は被害者と加害者双方が納得して初めて解決するものです。だからこそ保険会社のさじ加減で決まってしまう保険金に納得できない場合もあります。特に重傷の怪我などを負ってしまうような事故に巻き込まれてしまったときなどは、問題が長引く可能性があります。

そのような問題を早期解決するためにも弁護士の力を借りて納得できる慰謝料をもらうことをお勧めします。当サイトでは納得できる慰謝料のもらい方について解説しています。このサイトを通じて多くの人が慰謝料の問題を解決してくれたら幸いです。