基準がある


慰謝料万が一交通事故に遭って慰謝料をもらうときに、自賠責保険と任意保険の基準があります。それぞれの保険会社の基準を理解することで、自分自身が納得できる慰謝料をもらうことができます。

1つ目が自賠責保険基準です。自賠責保険は自動車やバイクを運転する人が加入する強制加入保険で、万が一交通事故が起こってしまった場合自賠責保険から慰謝料が支払われることになります。慰謝料の基準として金額が少ないので、この金額をカバーするために任意保険に加入しなければいけません。

2つ目が任意保険基準です。自賠責保険でカバーされない損害部分を補償するための保険で、当然慰謝料の部分も任意保険から支払われることになります。任意保険の基準は自賠責保険よりも高くて厳しいですし、それぞれの保険会社で基準が異なるので、基準を確認したくてもできない場合もあります。

基準を確認できないと自分自身が納得できない場合があるので、そのときに相談するのが弁護士です。慰謝料の基準で弁護士基準というものがあります。弁護士基準は別名で裁判所基準とも呼ばれています。裁判所の考え方や判例などを参考に慰謝料などの金額が公表されていて、この基準に照らし合わせて慰謝料などの金額を決定します。