もらうための手続き


交通事故交通事故に巻き込まれてしまったらすぐに保険会社に連絡をしなければいけません。保険会社に連絡をして慰謝料の支払いの手続きをする必要があります。慰謝料をもらうときは警察が保険会社に連絡をするわけでなく、自分自身で手続きをしなければいけません。万が一事故を起こしてしまったら保険会社に連絡をして、保険金請求書、診断書・申告書、交通事故証明書を提示しなければいけません。

交通事故が起こって加入している保険会社に連絡をしてから、保険金請求書、診断書・申告書、交通事故証明書を提出して書類に不備がなければ、1週間から10日で指定の銀行口座に慰謝料が振り込まれるようになります

保険会社から支払われる慰謝料などは書類を作成して提出すれば速やかに支払う体制が整っています。どのような事故になっても保険会社の基準に満たしていれば、慰謝料も自分が思っている以上に早くもらえることができます。

万が一慰謝料が支払われない場合は保険会社に相談することになりますが、この慰謝料の金額に対して納得できない場合は弁護士に相談することもできます。弁護士は法律の専門家ですから、法律の知識を駆使して納得できる保険料をもらうために手続きをしてくれます。また。何度でも無料相談を弁護士にできる“交通事故被害者救済サイト”のようなサイトもあります。このようなサイトを探して、相談を行ってみて下さい。